青々企画ロゴ
  • 教養日本史
  • 戀闕
  • 平泉博士史論抄
  • 英訳 少年日本史
  • 英訳 少年日本史 第3分冊
  • 田中卓評論集1愛国心と戦後五十年
  • 田中卓評論集2平泉史学と皇国史観
  • 田中卓評論集3祖国再建(上)
  • 田中卓評論集4祖国再建(下)
教養日本史

目  次

  はしがき(田中 卓)
  1. 序説――国家観念の動揺
  2. 読書の楽
  3. 秋霜状
  4. 〔紹介〕和辻哲郎氏訳「ラムプレヒト『近代歴史学』」
  5. 歴史に於ける実と真
  6. 我が歴史観
  7. 歴史を如何に学ぶべきか
  8. クロォチェ『歴史叙述の理解及歴史』邦訳を得て
  9. 神皇正統記研究
  10. 国史学の骨髄
  11. 歴史を貫く冥々の力
  12. 日本精神発展の段階
  13. 日本史上より観たる明治維新
  14. 国史学の概要
  15. 国史家として欧米を観る
  16. 民族の特異性と歴史の恒久性
  17. 皇室と国民道徳
  18. 〔紹介〕西田直二郎教授の大著『日本文化史序説』
  19. 思想史
  20. 歴史の本質に就て
  21. 万物流転
  22. 我等の依拠
  23. 保建大記と神皇正統記
  24. 建武中興と国史の神髄
  25. 国史の威力
  26. 明治は遠くなりにけり―皇国正史編修の議―
  27. 史記夜話
  28. 韓退之
  29. 芭蕉の俤
  30. ナポリの哲人
  31. 神道と国家との関係
  32. 大日本史概説
  33. 神道伝承者としての明恵上人
  34. 『萬物流転』復刊の序
      解題(田中 卓・山口康助・時野谷滋・久野勝弥・所 功・伴五十嗣郎)

▲ページの先頭へ

本書について

 歴史教育が混迷する昨今で、改めて、”歴史観”が注目を浴びて来ました。歴史観とは歴史の見方、物差しです。物差しが狂っていては歴史の真実を計ることは出来ません。

 元、東大教授として昭和を代表する碩学―平泉澄博士―が、心血をそそいだ珠玉の論文と講演録を精選しました。本書によって、真の歴史観、正しい日本の歴史を学んでいただきたいと思います。


▲ページの先頭へ

著者紹介

平泉 澄 (ひらいずみ きよし)
平泉澄画像
略 歴
明治28年 福井県生まれ
大正 7年 東京帝国大学文科大学国史学科卒業
大正12年 同大学講師
大正15年 文学博士、助教授
昭和 5年 欧州に留学、6年帰朝
昭和10年 教授
昭和20年 辞職
戦後も歴史の研究・著述と後進の指導に専念。
昭和59年 逝去(満89歳)

▲ページの先頭へ