青々企画ロゴ
  • 教養日本史
  • 戀闕
  • 平泉博士史論抄
  • 英訳 少年日本史
  • 英訳 少年日本史 第3分冊
  • 田中卓評論集1愛国心と戦後五十年
  • 田中卓評論集2平泉史学と皇国史観
  • 田中卓評論集3祖国再建(上)
  • 田中卓評論集4祖国再建(下)
教養日本史
ご注文はこちらから

目  次

FAST VOLUME TABLE OF CONTENTS

 Introduction
  1. The Founding Nation
  2. Emperor Jinmu
  3. Imperial History Ⅰ
  4. Imperial History Ⅱ
  5. The Age of the God Ⅰ
  6. The Age of the God Ⅱ
  7. Great Prince Yamato Takeru no Mikoto
  8. Empress Jingu
  9. Emperor Ojin
  10. Emperor Keitai
  11. Prince Shotoku Ⅰ
  12. Prince Shotoku Ⅱ
  13. The Taira Reform
  14. Emperor Tenji
  15. THe Fujiwara Capital
  16. The Nara Capital
  17. Record of Ancient Matters (Kojiki), Chronicles of Japan (NIhon SHoki), and Records of Climate (Fudoki)
  18. Collection of the Thousand Leaves Man'yoshu) Ⅰ
 
  1. Collection of the Thousand Leaves Man'yoshu) Ⅱ
  2. The GreatBuddha
  3. Wake no Kiyomaro, the Looyal Subject
  4. Sakanoue no Yamuramaro, the Great General
  5. The Buddhist Monks Saicho and Kukai
  6. Hiragana Syllabary
  7. Katakana Syllabary
  8. Collection of Ancient and Modern Poems (Kokinshu)
  9. The Tale of the Bamboo Cutter (Taketori Monogatari)
  10. The Tale of Genji Genji Monogatarti)
  11. Procedures of the Engi Era (Engi Shiki)
  12. Sugawara no Michizane, the Scholar-Statesman
  13. The Engi (901-923) and Tenryaku (947-957) Eras
  14. The Height of Fujiwara Prospenrity

SECOND VOLUME TABLE OF CONTENTS

  1. The Warrior Hachiman Taro Yoshiie
  2. Emperor Go-Sango
  3. Governance by the Retired Emperors
  4. The Hogen Rebellion Ⅰ
  5. The Hogen Rebellion Ⅱ
  6. The Heiji Rebellion
  7. The Height of Heike Prosperity
  8. Minamono no Yorimasa
  9. The Fall of the Heike
  10. Minmoro no Yoshitsune Ⅰ
  11. Minamoto no Yoshitsune Ⅱ
  12. Minamoto no Yoritomo Ⅰ
  13. Minamoto no Yoritomo Ⅱ
  14. The Imperial Plan of the Jukyu Era (1219-1222) Ⅰ
 
  1. The Imperial Plan of the Jukyu Era (1219-1222) Ⅱ
  2. Hojo Tokimune
  3. Emperor GO-Daigo
  4. Kusunoki Masashige
  5. The Imperial Restoration of the Kenmu Era (1334-1338)
  6. Fifty-seven Years of the Yoshino Court Ⅰ
  7. Fifty-seven Years of the Yoshino Court Ⅱ
  8. Fifty-seven Years of the Yoshino Court Ⅲ
  9. Fifty-seven Years of the Yoshino Court Ⅳ
  10. The Muromachi Period (1392-1573)

THIRD VOLUME TABLE OF CONTENTS

  1. Oda Nobunaga
  2. Toyotomi Hideyoshi
  3. Tokugawa Ieyasu
  4. Tokugawa Iemitsu
  5. Yamaga Soko
  6. Yamazaki Ansai Ⅰ
  7. Yamazaki Ansai Ⅱ
  8. Motoori Norinaga
  9. Mito Mitsukuni
 
  1. Ii Naosuke
  2. Hashimoto Kengaku
  3. Yoshida Shoin
  4. Emperor Komei
  5. The Meiji Restoration
  6. Saigo Takamori
  7. Emperor Meiji
  8. Two Great Campaigns
  9. Two Greater East Asian War

▲ページの先頭へ

本書について

 英訳『少年日本史』発刊の次第

青々企画代表 田 中  卓

 戦後の日本史は、魂を失った。真実の日本の歴史、父祖が歩み続けてきた正道が、覆い隠され、歴史教科書を読む少年達の眼から輝きが消えた。この現状を深く嘆いて、一世の碩学平泉澄博士が、75歳の高齢にもかかわらず、日本の少年への遺言のつもりで、心血をそそいで一気に書き上げられた大著、それが『少年日本史』である。

 この1巻に二千年の日本の歴史のいのちが脈うっている。登場するのは誠実・勇気・風流・革新をめざす人々の活躍であり、多彩のうちにも国史の眼目、文化の精髄があざやかに浮き彫りされている。近頃、東京大学名誉教授小堀桂一郎博士が、問題の多い中学の歴史的分野の教科書代わりに、この『少年日本史』を持たせるがよい、と説かれている。まさに至言であり、本書こそ日本を代表する真の日本通史といってよいであろう。

 そこで私共は、この素晴らしい『少年日本史』を、外国の方々への贈物にしようと考えた。私共は、世界の皆さんにも正確な日本の歴史を承知して貰い、国際交流の一助にしたいという期待をこめて、本書の英訳本を出版することとしたのである。

 本書の文章は、流麗で格調高い名文であるから、これをそのまま英語に翻訳することは容易ではない。しかし私共は、専門家の協力をえて出来るだけ原文に忠実な翻訳を心がけ、ようやく第1分冊(3分冊の1)を刊行する運びとなった。英語を解する識者各位の、温かい理解と購読をお願いしたい。(平成10年2月)


▲ページの先頭へ

著者紹介

平泉 澄 (ひらいずみ きよし)
平泉澄画像
略 歴
明治28年 福井県生まれ
大正 7年 東京帝国大学文科大学国史学科卒業
大正12年 同大学講師
大正15年 文学博士、助教授
昭和 5年 欧州に留学、6年帰朝
昭和10年 教授
昭和20年 辞職
戦後も歴史の研究・著述と後進の指導に専念。
昭和59年 逝去(満89歳)

▲ページの先頭へ